覚えてみよう

夜中何かが動いていたので目を開けると、onちゃんがどこからかやってきて、隣で何か考え事をしているようでした。じっと一点を見つめて座っていましたが、ゆっくり歩き出し、お水を飲んでお父さんの頭を踏んで、お母さんの隣にくっつい…