今日はくーちゃんと一緒にインターペットに行ってきました。去年の写真の情報を見て、8:30には現地に着いていたので、今年もその時間に合わせて出発。
ちょうどいい時間に着いたけど、開場の2時間前なのに一番近い駐車場はすでに満車でした。仕方なく次に近い駐車場に停めてビッグサイトを目指しました。

チケット売り場と入場口に着いたのは8時45分。1時間15分の待機時間を、たくさん歩いてくるわんこ達を見て時間を潰しましす。
今年もプッシュは車を降りた瞬間と、駐車場を出るまでの間は、ギャンギャン吠えまくりでしたが、会場に近づくにつれ増え続けるわんこを見て、全員に吠えるのは無理だと気付き諦めてからは、一切吠える事なく、会場にやってくるわんこ達を一緒に眺めていました。

onちゃんとくーちゃんは安定のおとなしさで、一言も吠えず、抱っこをされていて偉かった。
偉いというよりもそれが普通のようで、プッシュのようにギャンギャン吠えるわんこはどこにもいませんでした…。

今回のインターペットでは、お得な洋服やグッズはもちろんだけど、わんこ達にも高齢化社会の波が押し寄せているので、シニア達に優しいグッズがあるんじゃないかと思い楽しみにしてきましたが、予想に反してそんなお店は少なく、少ないというか見当たらず、シニア繋がりで言うと、飼い主が先に亡くなった時にわんこ達が困らないように、遺言のような物を残しましょうみたいなブースがあったくらいです。
そろそろシニアわんこ達の為のブースがあってもいいなぁと思いました。

人が多いと感じたところはカートを売っているブース。7.8年前はまだそんなにわんこ用のカートを使っている人をあまり見なかったけど、最近のカート率の高さにびっくりしました。カートの種類も前より多くなって、大型犬が乗れるカートや、2段、3段になっているカート。タイヤが大きくなって、揺れが少なく安定感が増しているカートなど、いろんな特徴を持ったカートがたくさん展示してありました。

面白いなと思ったのは、JALのわんこ用のマイレージカードを作ってくれるブース。人間のカードと紐づけなければいけないけど、わんこの写真入りカードを作ってくれるという、飼い主ごころをくすぐる手法で、よく飛行機を利用する人は楽しいサービスだと思いました。

気になったブースは、わんこの位牌や骨壺を作ってくれるブースと、骨折した時の最新治療を紹介するブースでした。さすがにこういったお祭りのようなイベントでは人だかりなんてできないけど、こういう商売もあるという事を頭の片隅に記憶しておくだけでも、意味があると思いました。

感心したのはあれだけの数のわんこがいるのに、ウンチをそのままにしてあるのを見なかった事かな。まぁ逆にあれだけいたらそのまま放置して行くなんて事は出来ないけど、全く見なかったのは本当に凄い事だと思いました。これから先も長くこのイベントが続くように、スタッフも、お客さんもみんなが頑張っていていいなぁと思いました。今年も楽しかった♪

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。