今から3年前の今日、我が家にプッシュがやってきました。生後4ヶ月だったプッシュは、元々いた2匹部屋から移動させられ、2等船室のような雑魚寝のケージにポツンといた姿が忘れられません。
その日にプッシュがやってくるとは知らずに、桜の木の下を楽しそうに走っていたonちゃんの写真も好きなんだよねー。

onちゃんは、プッシュが来るまでは、自分1匹がみんなからチヤホヤされていて楽しかっただろうけど、その時よりも今の方が数倍、数十倍楽しいんじゃないかと思います。くーちゃんの他に友達がいなかったonちゃんに、急に年の離れた弟が出来て、最初は戸惑っていたけど、すぐにお兄ちゃんぶりを発揮しました。
今までに見たことの無いonちゃんが見れて、新鮮だった事を覚えています。

プッシュには入居詐欺疑惑がありまして、我が家に来る前にペットショップで聞いた事と、まるで違う事が多々あります。ペットショップから我が家に来る前に、プッシュを抱っこしながら、店員さんが沢山の項目を読み上げているのを聞いていました。
先天性の病気の有無、既往歴の説明、ワクチン接種証明などなど、どこにも異常のない事を確認して我が家に来たんですが、入居した日から夜になると咳をしているのに気付き、2.3日して病院に行くとケンネルコフと診断。予防接種はしてあったのに…。

それも薬を飲んだおかげで順調に治り、乳歯がそこら中にポロポロと落ちていて、あっという間に体も大きくなったんですが、永久歯に生え変わって何気なく前歯を見てみると、下の歯が上の歯よりも前に出てるじゃないですか!なんとも立派なアンダーの出来上がりです。ペットショップで確認した時は普通で、アンダーではありませんと言われていたのに…。

普段の生活には、なんの支障もない程のアンダーだから、今では大事なチャームポイントになりました。
そんなプッシュを連れてくーちゃんの家に遊びに行くと、当時トリマー見習いの娘さんも来ていて、プッシュと遊んでくれました。その娘さんが「この子は目の周りが赤いね」と言ったんですが、我が家に来た時からそうだったので、それが普通だと思っていました。

それからだいぶ経って、目の周りの赤みと、手をガリガリとかじり出した事で、もしかしたらアレルギーがあるんじゃないかと思い、食べていたものを全部変えて、今食べているモグワンに変えてみると、目の赤みも消え、かじる事も少なくなりました。
病気も無いという説明を受けて我が家に来たのに、まさかのアレルギー持ち…。

色々と話が違う事がありましたが、一番心配していたのはonちゃんとの相性で、年が離れたわんこは同居が難しいとか、同姓はやめたほうがいいとか言われていました。でも2匹はいつもすぐそばにいて、ちょっかいを出したり出されたり。眠くなればピッタリとくっついてねています。朝になればonちゃんがプッシュを起こしに行ったり、留守番していてお父さん達が戻って部屋に入ると、まずプッシュをケージから出せ!とわんわん怒ります。これはいい意味で詐欺にあいました。これからも2匹で仲良く、楽しくやってください。

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。