地球が感染してしまった人間ウイルスの為に作られたコロナワクチン。人間の動きを封じ込めて、二酸化炭素の排出を25%減らし、オゾン層の破壊を少し遅らせる事に成功…。と、本当のウイルスは人間の方なんじゃないかと言い出す人もいれば、中国では、大気汚染が公衆衛生にかなりの危険を及ぼしているので、新型コロナウイルスで奪われる人命よりも、ウイルスによる景気低迷で救われる人命のほうが多くなってもおかしくありません。という意見も出たり、いよいよカオスだな。

今日は気分を入れ替える為に、川根の牛代の水目桜を見に行ってきました。この桜は樹齢300年で、幹の太さが4メートル以上、高さ20メートルという歴史のある桜なんです。そんな訳で、いつもより空いている新東名を走って、SLの駅で有名な金谷で降りました。

川と線路沿いの道を北上して行くと、大井川鉄道の家山駅に到着。ここは桜のトンネルが有名で、道を挟むように桜が咲いていまし。もう満開の時期を超えて、花びらが風で飛んで、桜吹雪のようになっていました。本当ならこの時期からSLが走り出して、桜とSLの写真を撮れるんだけど、ほとんどが運休になってしまい、こんなところまでコロナの影響が出ていました。

家山駅からさらに北上して、車がすれ違えないくらい細い道を登って行くと、牛代の水目桜が姿を現しました。茶畑の真ん中にポツンと1本だけ、でもとんでもない存在感で堂々としていました。1720年は吉宗が享保の改革を行った時で、そんな時代を見てきた桜と同じ時間を過ごしていると思うと、不思議な感覚になりました。4匹達もこの桜からパワーをもらって、この時代を乗り切りましょう!

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。