昨日の夕方、いつものおやつをもらおうと2匹がお母さんについて歩いている時に、onちゃんが少しおかしな声を出しました。どうしたんだ?と思ったけど、多分プッシュがぶつかったんだろうと思い、そのまま何も気にしませんでした。おやつをもらって満足げなonちゃんは、いつものようにまたお昼寝タイム突入。

でも、いつもと少し様子が違って、何だか寝床が定まらないようで、少し寝ては移動してを繰り返していました。その様子を見ていると、寝方や仕草に何か違和感を感じていました。その予想は正しくて、寝ようと思い寝室に戻る時、onちゃんは普通に歩く事ができませんでした。

首が曲がったままで、ヨロヨロと足元がおぼつかななく、倒れ込むように座って、少し痛そうな声も出しました。伏せたonちゃんを抱き上げて、首や背中をマッサージしてやると、気持ちよさそうにしていました。
また布団に下ろして様子を見ていると、いつもなら顔を体にしまい込むように丸くなるのに、やっぱりどこかに違和感があるようで、体を曲げずに伏せの状態で寝ていました。

その状態てマッサージを続けていると、だんだん首を曲げ始め、体を横に倒して寝るようになりました。
夜中にガリガリと物音がするので目を覚ますと、onちゃんがガリガリと布団をほじっていたので、寝る前よりも痛みが和らいでいるんだと思いました。

何かの拍子に起きるこの症状は、人間でいうと突き指とかギックリ腰みたいなもので、どんなに注意していても起きてしまい、こればっかりはonちゃんに任せる他はありません。なるべくそうなりにくい環境を作ろうとして思うけど、歳を取ると色々と大変だねー。
可愛らしいなぁ♪

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。