onちゃんは、相変わらず自分からご飯を食べません。少しづつ手のひらに乗せてやると食べるんですけどね。昨日の夜、onちゃんのお腹が鳴っている事に気づいたんです。体調がすごく悪かった頃の、「チュー」という音ではなく、「コロコロコロ」という一般的なお腹の音。連続で鳴るわけでも、定期的に鳴るわけでもないけど、お腹が鳴ると気になるんだよなー。

onちゃんの手や足を舐めたり、噛んだりするのも相変わらずで、最近ではお父さんやお母さんの見えない所でやっています。いつも途中で邪魔をされるので、(見えない所でやれば辞めさせられない♪)
と色々考えたんだろうな。可愛らしいなー。

でも残念な事に、お父さんとお母さんが気づかなくても、プッシュがいるんですねー。しかも様子をみていると、だんだん止めるタイミングや精度が上がってきてるんです。onちゃんが足を舐めだす前にプッシュは動いていて、舐めると同時に止めに入るんだよなー。あれは不思議なんだよねー。

止め方もその時々で違って、頭を手で押さえたり、叩いたり、舐めているところに自分の体を入れたりと、その時のonちゃんの気分や調子をみて、パターンを変えているんじゃないかと思っています。プッシュに止められると一切怒らずに辞めるから有難いんだよねー。

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。