ただ面白いことに、銀三郎を見る目は違うんです。
銀三郎の事は子供だと認識しているように見えるんです。接し方がプッシュやくーちゃんのように、対等な感じがなく、onちゃんが受け身になっているように見えるんです。そんな姿はプッシュやくーちゃんの時には見られない姿です。

多分、onちゃんはプッシュとくーちゃんの銀三郎との接し方を見て覚えたんじゃないかと思いました。くーちゃんやプッシュが来た頃は自分しかいないから、歳上が歳下を守るみたいな事は知らないし、見てきてもないからわからないのは仕方のない事。

今回はプッシュとくーちゃんがいるので、銀三郎との接し方を見て勉強したんじゃないかな。プッシュとくーちゃんはまだ若いから本能で子供を守るというのがあるけど、10歳くらいまで他のわんことの接触が無ければ、onちゃんはもう自分は人間だと思っているだろうから、わんこの本能的なものは残ってなさそうだもんね。

だから、銀三郎の事は3匹が子供だと認識していて、そういう接し方をしているので、銀三郎はこのメンバーでいると無双なんだよねー。
そう考えると、やっぱりいろんなわんこと触れ合うのは重要な事なるだろうなー。このままいけば銀三郎は、飼い主からも、他の3匹からも甘やかして育てられてわがまま放題になりそうだな♪

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ