くーちゃんのお母さんが、お姉ちゃんと一緒に散歩に行くと言うので、その間くーちゃんと銀三郎は我が家で留守番。くーちゃんはお母さんに置いていかれるとわかった瞬間に、抱っこしてとせがんでいましたが、お父さんに抱っこされて留守番を余儀なくされました。

銀三郎はお母さんが出て行った扉をずーっと見ていて、健気で可愛らしいんだけど、くーちゃんはあれだけお母さんに抱っこをせがんでいたのに、お母さんの姿が見えなくなると、お父さんの上でリラックスしていました。薄情というか、さっぱりしているというか…。

くーちゃんのお母さんがいない間のくーちゃんはなかなか騒がしいんです。何をアピールしているのかわからないので、おやつをあげてなだめていました。やっぱりどこの家も最初のわんこは甘やかして育てているようで、onちゃんとくーちゃんは似たような性格なんだよねー。

我が家を自分の家のように使ったり、お父さん達に甘えたりするけど、やっぱり本当のお母さんが大好きで、お母さんが帰ってくると、安心したようでくーちゃんも銀三郎もお昼寝をし始めました。
みんな可愛いなぁ♪

今日の一言

にほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ